人事組織課題を可視化
働きやすい環境づくりへ

このような人事組織課題はありませんか?

社員の体調不良によるパフォーマンス低下
健康問題による休職者や離職者
採用コストの増加・レピュテーションリスク
社員の健康に伴う業務リスク
・・・

社員の健康をサポートしながら、組織課題を定期統計レポートで可視化。
会社の今と未来を作るために、社員の体調管理サポートを始めませんか?

統計レポートで組織課題が見える

定期的に統計レポートで組織課題を可視化。アラート件数の推移、各人事施策の検証・評価にも。

※社員個別の測定結果が企業を含め第3者に開示されることはありません。

社員のパフォーマンス向上を支援

導入企業の社員の方はトイレで体調チェックをご利用可能。疲労感や眠気、頭痛などの体調不良を避けて仕事の生産性アップへ。

今のオフィスにかんたん導入

オフィスのトイレにセンサをつけるだけ。デバイスを配布するなどの特別な管理コストは不要です。

企業担当者の声

社員の心と体の健康は、企業の成長を支えます

A社・人事担当

健康問題が原因で長期休職したり、離職するケースが発生しているが、そのようなケースを一つでも多く減らしたい。また、社員の体調管理を陰ながらサポートすることで、充実した毎日を送ってほしい。

B社・健康増進担当

社内の平均年齢が高く、メタボや慢性疾患になる人が少なくない。対象者に特別なプログラムを実施しても、プログラムが終わったら効果がなくなってしまった。継続性がある施策を行いたい。

C社・人事担当

メンタルヘルスなど、一度問題になってしまうとレピュテーションリスクを負ってしまう。優秀な人材をとるうえで、上記のようなヒト関連の不祥事は採用に影響があると考えている。

D社・人事組織担当

会社の成長のためには優秀な人を採用し、今いる社員が働きやすい環境を作ることが重要だと考えている。ミドル層、管理職の人間ほど体調管理がうまくいっていない印象があり、気軽にできる体調管理サービスに魅力を感じた。

会社の未来を作る人事組織施策を

社会構造変化によって労働人口の減少、採用コストの増加、メンタルヘルス課題の顕在化、採用に影響するレピュテーション・リスク...
人に関する課題の重要性と至急性が増加しています。

上記の課題はいずれも、従業員の体調管理が鍵となっています。従業員の心と身体が健康だと、あらゆる人事組織課題は解決・軽減します。

短期でのコストカットよりも、会社の1年後、5年後、10年後を見据えた人事組織施策をはじめませんか?

「人」が企業のパワーを決める

会社のパワーは「人」によって決まります。強い組織を作るためには、従業員一人ひとりのパフォーマンスを上げるサポートをし、優秀な従業員をより多く採用することが重要です。


従業員のご利用メリット

スマートに体調管理。今の体調が見える。

日頃の体調管理に

疲労感や眠気、頭痛など仕事のパフォーマンス低下につながる体調バランスの崩れを可視化。
感覚に頼らない新しい体調管理ツールです。

自分に最適化した生活習慣を

食事や睡眠、ストレスなどの生活習慣が身体(特に腎臓)に与えている負荷を可視化。個人に最適化した対策が可能になります。

今と未来の病気を避けて健やかに

病気は発症してから治すよりも、発症を避ける方がスマート。糖尿病や痛風などの慢性疾患を避けてずっと健やかに。

Try our service

初期費用 0 円、月額500円/名から。 

まずはトライアル利用から始めませんか?

Make a world in which people can achieve a fulfilling life devoid of health anxiety

誰もが健康不安なく夢の実現にまい進できる社会へつなげる