健康経営が企業に与えるメリットとは。優秀な社員を採用し、社員の生産性向上のためにできること

こんにちは!サイマックスの安藤です。

近年、「健康経営」というワードが企業経営の中で話題になってきています。

健康経営を取り入れることで企業には様々なメリットがありますが、一体どのようなことが挙げられるのでしょうか。

健康経営についての基礎知識、健康経営のメリット、セルフケア方法についてチェックしていきましょう。

健康経営とは?

健康経営とは、企業のトップが従業員の健康に配慮することで職場全体の環境をよくし、生産性をあげていく経営方針のこと。

ブラック企業の問題があとを絶ちませんが、そんな時代だからこそ健康に配慮した経営方針を考えていくことが大切です。

健康経営は従業員の健康管理を円滑に行えるだけでなく、将来的にも企業に大きなメリットを生み出します。

健康経営のメリット①医療費の削減

健康経営を取り入れて従業員が心身ともに健康的に働くことができるようになれば、各種手当や医療費、慰謝料の負担を軽減することが可能です。これによってコストカットできた分は、社員の皆さんがもっと活き活きと過ごすための費用として使えるようになりますね。

従業員に労働を無理強いすることで健康被害が及ぶと、経費として医療費を支払わなければなりません。うつ病などにかかってしまった場合はその医療費を支払う必要があります。最悪の場合、過労死の慰謝料などを遺族に支払うことになり、膨大な出費となってしまいます。

さらに社員が退職することに伴って発生する、しく求人を出す費用、採用エージェントに支払う報酬、教育のためにかかるコストや時間の削減もできます。

健康経営のメリット②生産性のアップ

長時間労働は生産性のアップにはつながりません。余計に体調を崩しやすくなり、不健康な状態に陥ってしまいます。

従業員にしっかり休息を取るように促すことで生産性がアップし、短い労働時間の中でも集中して仕事をこなせるようになります。

最近ですと、仮眠スペースを設けるなど生産性を高めるための社内設備や制度も増えています。眠い状態で働き続けるよりは、昼寝をしてすっきりした頭で仕事をしたほうが生産性があがるというのは、納得される方も多いと思います。

健康経営のメリット③企業のイメージアップ

ブラック企業として名前が知られてしまうと新規の人材確保が難しくなります。反対に、健康経営に力を入れている企業だということが幅広く認知されれば求人も行いやすくなり、結果的に優秀な若い人材の確保につながります

今後日本は少子高齢化が進み人口労働の減少は確定的と言われています。このような中で、人材を確保するためにはネームバリューだけではなく従業員の働きやすさも必要となります。

健康経営のメリット④社内環境の改善

従業員の体調管理を行うには、コミュニケーションが欠かせません。

一人一人のちょっとした変化にも気づけるくらいしっかりコミュニケーションを取ることで、社内の環境もよくなり、一人一人が発言しやすい状況を生み出すことができるでしょう。

社内全体の風通しもよくなり、体調面だけでなくメンタルヘルス面でも従業員にとって過ごしやすい環境を作り出すことが可能になります。

健康経営のセルフケアPDCAサイクル

健康経営のためにはストレスチェックなど行政から提案された制度を取り入れることも大切ですが、セルフケアを周知させて、一人一人がしっかり健康について考える時間を作ることも大切です。1人ひとりの健康意識を醸成することが、すべての取り組みの土台になります。

健康経営のセルフケアにはPDCAサイクルを取り入れる必要があります。

  • まずはPlan(計画)。メンタル、体調の改善計画を個別に作成します。
  • Do(行動)で自身の状態をしっかり把握。
  • Check(確認)で結果を分析し、自分のメンタルや体調がどのような状態になったのか理解していきます。
  • Act(改善)でメンタル、体調の負担を軽減し、また計画を調整していく…ということを繰り返すことで、自分の状態を可視化することが可能になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。健康経営には従業員だけでなく企業にも大きなメリットがあります!

企業の生産性をアップするため、さらに従業員に働きやすいと感じてもらうためにも、健康経営を今すぐ取り入れていきましょう。