尿pHでわかること。からだが酸性・アルカリ性になったときの症状と原因、それぞれの改善法

尿pHをはかると、あなたのカラダが酸性またはアルカリ性になっていることを知ることができます。からだは中性に保たれていることが理想的。酸性やアルカリ性にかたよると、様々な体調不良が出てきてしまうのです。

今回は、尿pHで分かること、また生活していく中で気をつけていけることをお伝えしていきます。 “尿pHでわかること。からだが酸性・アルカリ性になったときの症状と原因、それぞれの改善法” の続きを読む

弊社サービスを日経新聞さまに記事掲載いただきました「排せつが示す健康サインIoTトイレは見逃さない 暮らしを変えるIoTトイレ(下)」

日経新聞さまに記事を掲載いただきました!

記事はこちら!

日経新聞「排せつが示す健康サインIoTトイレは見逃さない 暮らしを変えるIoTトイレ(下)」

排せつ物からバイタルサインの変化を測定するサービスで課題となるのが、「利用者による継続記録の難しさ」だ。尿成分を分析して健康状態をチェックするサービスを提供するサイマックス(東京・葛飾)の鶴岡マリア代表は、「生活の一部として暮らしに溶け込むような機器でなければ、利用者の高い継続率は望めない」と話す。

私たちがサービスを提供する上で重視していることが、まさにこれです!どんなに素晴らしいサービスも使ってもらえないと、続かないと効果が出ないのが実情です。私たちが開発したセンサをトイレに取り付けられるようにした理由は、トイレに行かない日がないから。どんな人でも使えるから。なのです。

いつも通りの生活の中で検査できるということは、忙しい人のための体調チェックの時短にもなります!

サイマックスの健康チェックサービスでは、便器内に取り付けたセンサーで排尿の情報を計測し、トイレ室内に設置したデバイスから尿のデータをクラウドに送信する。大掛かりな工事は不要だ。計測できるのは尿の量や回数をはじめ、排尿障害を判断する平均尿流量、食事や運動で変化する尿pHなど。通信環境が整っていれば、排尿から約1分で計測値がスマホに届く。

ショーケース(イベント)などを今後開催していきます。ぜひトイレで体調チェックを体験しにきてください!

弊社商品のみならずずIoTトイレに関する市場調査を踏まえた記事になるので、ぜひご一読いただければ幸いです。