インスリン抵抗性とは。糖尿病などの生活習慣病の発症と関係

インスリン抵抗性という単語を聞いたことはありますか?糖尿病治療などで活躍するインスリンですが、このインスリンが十分に働けない環境がそもそも糖尿病など生活習慣病の原因になっているケースが多々あります。

インスリン抵抗性について詳しく学び、インスリン抵抗性を改善する方法も理解していきましょう。

インスリン抵抗性とは?

過食、高脂肪な食事の摂取などの食生活、運動不足が原因で糖尿病になってしまいますが、これはインスリン抵抗性を引き起こすことも関係しています。

インスリンについては次のコンテンツで詳しくご紹介しますが、インスリン抵抗性とは簡単に言うと体内にインスリンは十分にあるものの、効果を発揮できない状態のことです。

運動不足、食べ過ぎといった生活習慣が続けられるとインスリンが働きにくくなり、血液中の糖を十分に分解することができなくなってしまいます。その結果、血糖値が高くなり、糖尿病を引き起こしやすくなるのです。

インスリンと血糖値の関係

食事をすると、吸収された糖は血液を通して臓器、組織を巡っていきます。糖は身体、脳、心を動かすのには重要な成分ですが、摂取しすぎると分解することができず体脂肪となり、肥満、生活習慣病などの原因になります糖を分解してくれるのがインスリンです。筋肉などの組織にたどり着いた糖は、インスリンの力で細胞に取り込まれていきます。

しかしインスリンが分泌されず、また十分に働かないことで糖が血液中で留まるようになってしまうのです。

インスリン抵抗性が関係している糖尿病

糖尿病には、膵臓からインスリンがほとんど分泌されなくなることで起こる1型糖尿病と、インスリンはあるものの効果を十分に発揮できなくなることで起こる2型糖尿病があります。

インスリン抵抗性が強く関係しているのは2型の糖尿病で、とくに中高年に発症するのが特徴です。最近では比較的若い方の発症も増えてるようです。

糖尿病などの病気になった後に限らず、健康な人も元気な毎日を過ごすために、インスリンが本来の働きができるように身体を整えていってあげることが大切です

インスリン抵抗性を改善するトレーニング

インスリン抵抗性は運動不足などによって強まりますそのため、治療だけに頼らず、日常的なトレーニングでインスリン抵抗性を弱めてあげることが大切です。

歩行、ジョギング、トレーニングなど簡単でもいいので身体を動かす習慣を身につけていきましょう。1日置きの運動を週に3日以上続けるのが好ましいと言われています。ハードなものを取り入れて続かないのでは意味がありませんので、通勤、通学途中にできるようなものから取り入れてみるといいでしょう。

インスリン抵抗性を改善する食事方法

インスリン抵抗性を弱めるには軽度の食事制限も必要です。

カロリーを過剰に摂取している、糖分、脂肪分の多い食事をしているという方は、まずは摂取カロリーを制限することから始めましょう一日に1600キロカロリー以上取らないようにして、そこから徐々に自分のペースに合わせてカロリーを調整してみてください。ゆっくり、時間をかけて食べることで過食予防にもなり、自然と摂取カロリーを抑えることができます

また、カロリーだけでなく栄養素にも着目をしましょう糖質、脂質を避けて、たんぱく質もバランスよく取り入れるようにしてみてください。野菜に含まれる食物繊維は、動脈硬化を予防するのにも役立つと言われています。

インスリン抵抗性と糖尿病の関係を知ろう

インスリン抵抗性と糖尿病の関係についてご紹介いたしました。

インスリンは十分にあるものの運動不足、過食が原因でインスリンが働けなくなっている状態の方は意外と多いのです。トレーニングや食事バランスを整えて、インスリンが働きやすい環境作りをしましょう