尿pHとはどんな測定項目なの?

こんにちは!サイマックスのサービスでは、いつも通りトイレでおしっこをするだけで毎日の尿pHをはかることができます。尿pHは生活習慣や病気と関係がある測定項目ですが、どういったものなのかをご紹介します。

尿pHとは?

おしっこが酸性かアルカリ性かを知ることができます。pHの数字が小さいと酸性、高いとアルカリ性です。

体が酸性になっているか、アルカリ性になっているかのバランスをおおまかに知ることができます。

身体のpHは中性であることが理想です。身体が酸性になっていると疲労感や眠気、だるけにとどまらず、糖尿病などのリスクも高い状態になっているようです。アルカリ性にかたよっていても病気の可能性などがあるようです。

尿pHでわかること

尿pH値は、病気や食べ物、生活習慣によって変化します。 尿pH値の変化を見ることによって、体調の変化を知ることができます。

結果の見方

健常な場合は通常、尿は弱酸性(pH7.0-6.5)です。

  • 低pH ⇒ 酸性
  • 高pH ⇒ アルカリ性

酸性やアルカリ性に偏っていると、何かしら身体に異常が起こっている可能性があります。

○酸性にかたよる場合

以下のような可能性があります。

  • 生活習慣との関係
      • 肉や卵の摂りすぎ
      • アルコールの摂りすぎ
      • 砂糖(清涼飲料・ワイン)の摂りすぎ
      • コーヒーの飲み過ぎ
      • 喫煙による体内の二酸化炭素の過剰蓄積
      • 体内での酸の蓄積
      • ストレス
  • 病気との関係(長く続く場合)
      • 糖尿病
      • 高尿酸血症(痛風など)
      • 腎・尿管結石ができやすい
      • 腎臓の機能不全
      • 乳酸の過剰蓄積
      • アルコール中毒

○ アルカリ性にかたよる場合

  • 生活習慣との関係

      • 野菜や海藻など植物性食品の摂取
      • 過呼吸(緊張や不安、疲労)
      • 過剰な塩分摂取
  • 病気との関係(長く続く場合)

      • 腎臓から尿道までの尿路感染症
      • 慢性的な過呼吸
      • 腎・尿管結石ができやすい

まとめ

いかがでしたか?継続して測定し続けることで、日頃の体調管理だけでなく病気のリスクについても知ることができるみたいですね。

毎日の尿pHをはかって、元気な毎日をすごしましょう!

関連記事

現代人は酸性体質!尿pHを中性にして頭痛・低血圧・疲労感・不眠を改善しよう

最近、疲労感や眠気、頭痛など「なんだか調子悪いなあ」といったことはありませんでしたか?調子が悪いと、仕事や趣味にも悪影響が出てしまってイヤですよね。もしかすると、あなたのその症状は身体が酸性化しているからなのかもしれません。

尿pHに関する研究成果の紹介:メタボ、糖尿病、インスリン抵抗性

【オープンDAY@秋葉原 6月27日】ご来場の皆様、ありがとうございました!

こんにちは!トイレで健康チェック運営事務局の高橋です。

6月27日に開催したオープンDAYは初の試みでしたが、予想外の大盛況!でした。
スタッフの準備不足もあり、至らない点もあったかと思いますが、一緒にわいわいできてとても嬉しかったです( ;∀;)

その中でも貴重なご意見、ご好評をたくだん頂き、
今後のためにとても参考になります!感謝の気持ちでいっぱいです。

ご来場の皆様、ありがとうございました!またお会いしましょう!

—— というわけで ——
また近い内にどこかで開催しますので、
日程・場所は決まり次第お知らせします!

その時までに更にいろいろ改善していきますので、どうぞお楽しみに!

【オープンDAY】トイレで健康チェックを体験!@秋葉原 6月27日お好きな時間

こんにちは!トイレで健康チェック運営事務局の高橋です。

私たちは、トイレでおしっこをするだけで健康チェックができるサービスを提供しています。

■トイレで健康チェックってどんなサービス?

新しいサービスなので、
・いろんな人に気軽に使ってもらいたい
・初めて使う人の感想を聞きたい
という気持ちから、気軽に立ち寄れるオープンDAYを急遽、開催します!

“【オープンDAY】トイレで健康チェックを体験!@秋葉原 6月27日お好きな時間” の続きを読む

おしっこって何?健康との関係は?

おしっこってなに?なぜ人はおしっこをするの?

おしっこは、ろ過した血液です。腎臓でろ過されたものがおしっことなります。

人間は、血液の中にある「いらないもの」をおしっことして、体の外に捨てています。

利用できる成分(水分、塩分、ブドウ糖、アミノ酸など)は再利用のためからだに戻ります。ほんとにいらないものだけ(老廃物)が「おしっこ」として尿管を通って膀胱に溜まっていきます。

おしっこと健康の関係は?

おしっこはたくさんの情報を持っています。生活習慣病をはじめとした病気リスクをはじめ、肉や野菜のバランス、アルコール摂取量、ストレスなどの生活習慣の偏りなど、様々な身体の状態を反映しています。

本来、おしっこにはないはずの成分があったり、量が多すぎたり少なすぎたりすると、身体の異常と関係があります。

有名なものでいうと尿糖があります。健康な人の尿には糖は含まれません。糖尿病が進行している人だと腎臓が正しくはたらかないため、尿の中に糖分が含まれてしまいます。

おしっこと関係がある生活習慣病ってある?

おしっこは、生活習慣病をはじめとした様々な病気と関係があります。たとえば、以下のようなものです。

糖尿病、痛風、腎機能障害、肝機能障害、腎尿路系の悪性腫瘍、腎盂腎炎や膀胱炎などの尿路感染症、尿管結石など。

40歳を超えると発症率が急激にあがるものばかりです。

おしっこと血液の関係は?そもそも血液ってなんだっけ?

血液は栄養分や、私たちが空気を吸ったときに入ってくる酸素を、からだ中の細胞に運ぶ役割をしています。そして、からだ中の細胞から捨てられてきた「いらないもの」を集め、腎臓に運びます。おしっこは言い換えるならば「腎臓でろ過した血液」ともいえます。おしっこと血液は、関係性が強いものなのです。

生活習慣病ってなに?どうして怖いの?

生活習慣病ってなに?

生活習慣病とはその名の通り、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」のことです。

現代日本人の70%が生活習慣病でなくなるといわれており(参照:厚労省調査)、非常に身近な存在です。

たとえば、以下のような疾患が当てはまります。きっとよく名前聞く病気がたくさんあると思います。30歳を超えたあたりから、身近に痛風の人が出てくると思います。

糖尿病、肥満、高脂血症、痛風などの高尿酸血症、がん、高血圧、アルコール性肝障害、歯周病、骨粗髪症など。

どうして生活習慣病はこわいの?

サイレントキラー」という言葉があります。これは、生活習慣病ははじめのうちは自覚症状が全くないのに、ある時突然身体の体調が悪くなり、元の状態に戻すことが難しい場合があるためです。

多くの人は自覚症状がなければ病院に行きません。仕事や家事・育児、プライベートに忙しく充実した生活を送っている人ほど、体調不良に気づかず、気づいたときには進行していることがあるのです。本人からすれば、それまで元気だと思っていたのに突然それまでと同じような生活ができなくなってしまうので、おそろしいですね。

ライフスタイルが急変すると、自分だけでなく、家族や仕事の仲間にも影響がでます。非常に心苦しい経験をした人は少なくありません。

生活習慣病になるリスクとは?

生活習慣病は、40歳を超えたあたりから急激にリスクが高まります。40歳になる前と同じような生活をしていただけなのに、突然、体調が悪くなったり、指先がむずむずして痛風になったりします。

これは40歳を超えたから体調が悪くなったのではなく、若いから身体が頑張ることでなんとなっていただけなのです。若いころから身体に高い負荷をかけていると、リスクがあがってしまいます。

生活習慣病になるリスクをさげるには?

生活習慣病というその名前の通り、生活習慣がかたよっているとリスクがあがります。たとえば、食習慣、運動不足、ストレス、喫煙、お酒の飲み過ぎ、などです。ただ、野菜や肉のバランスや、ストレス、アルコールの摂取量など、なかなか気をつけることは難しいですよね。ついつい美味しいものに目がくらんだり、飲み会で飲み過ぎてしまったり。日頃から気をつける工夫をしたいですね。

アンドロイド版をリリースしました!

ご要望の多かったアンドロイド版のアプリをリリースしました!

これからはiPhoneユーザー以外の方も、サイマックスの「トイレで健康チェック」が使えます。

Google Storeでサイマックスのアプリをダウンロードする

ご自分のアカウントでログインしてお使いください!

弊社サービスが建築専門誌「日経アーキテクチュア」特集に掲載いただきました

建築専門誌「日経アーキテクチュア」様に特集で、弊社サービスをご紹介いただきました。

健康管理、集客促進-IoTがトイレを変える

読者の8割が1級建築士とのこと。建築士の皆様にも興味を持ってもらえているサービスなので、もっと多くの方に知っていただく機会になったら嬉しいです。

他にもトイレ周りの面白い記事が満載。各社の先端事例が紹介されています。ぜひ書店で手に取ってご覧下さい。