インスリン抵抗性とは。糖尿病などの生活習慣病の発症と関係

インスリン抵抗性という単語を聞いたことはありますか?糖尿病治療などで活躍するインスリンですが、このインスリンが十分に働けない環境がそもそも糖尿病など生活習慣病の原因になっているケースが多々あります。

インスリン抵抗性について詳しく学び、インスリン抵抗性を改善する方法も理解していきましょう。 “インスリン抵抗性とは。糖尿病などの生活習慣病の発症と関係” の続きを読む

尿pHでわかること。からだが酸性・アルカリ性になったときの症状と原因、それぞれの改善法

サイマックスの「トイレで体調チェック」を使っておしっこを測定してみると、尿pHが日々変化しているのを見て、もっと詳しく知りたくなった方もいるでしょう。

尿pHをはかると、あなたのカラダが酸性またはアルカリ性になっていることを知ることができます。それぞれの状態を、酸性ならアシドーシス、アルカリ性ならアルカローシスといいます。アシドーシスとアルカローシス...、なんだか難しい単語ですね。難しい単語はまったく覚えなくていいです!からだが酸性またはアルカリ性にかたよると、様々な体調不良が出てきてしまうのです。

今回は、尿pHで分かること、また生活していく中で気をつけていけることをお伝えしていきます。 “尿pHでわかること。からだが酸性・アルカリ性になったときの症状と原因、それぞれの改善法” の続きを読む

尿pHに関する研究成果の紹介:メタボ、糖尿病、インスリン抵抗性

サイマックスのサービスで、いつも通りトイレでおしっこをするだけで尿pHをはかれる時代がやってきました。尿pHは生活習慣や病気と関係がある測定項目です。

今日は、メタボリックシンドローム(略してメタボ)、糖尿病、インスリン抵抗性と関係する研究をご紹介します。

尿pHとメタボの関係

低い尿pH(酸性尿)はメタボリックシンドロームと関係があるのことです。メタボリックシンドロームになると生活習慣病になるリスクがあがってしまいます。

Source: Hara S, Tsuji H, Ohmoto Y, Amakawa K, Hsieh SD, Arase Y, et al. High serum uric acid level and low urine pH as predictors of metabolic syndrome: a retrospective cohort study in a Japanese urban population. Metabolism. 2012;61:281–8. 7

メタボになると何がいけないの?

メタボになると生活習慣病の原因になります。生活習慣病とは、たとえば糖尿病、高血圧症、脂質異常症、狭心症・心筋梗塞などの心臓病(虚血性心疾患)、脳血管障害・脳卒中、高尿酸血症(痛風の原因)などです。

糖尿病と尿pH

低い尿pH(酸性尿)の人は、糖尿病のリスクが高いとのことです。

3,119人の男性を対象として、5年間の追跡調査研究を行ったところ、尿pHが低い人は糖尿病になりやすいことがわかりました。

Low urine pH is significantly associated with abnormal glucose tolerance; therefore, measuring urine pH might prove useful for identifying patients at high risk for diabetes.

Source: Hashimoto Y, et al. Diabetes Res Clin Pract. 2017;130:9-14. Relationship between urine pH and abnormal glucose tolerance in a community-based study.

  • インスリンと尿pH

    Epidemiology studies have revealed that patients with obesity, hyperglycemia, or hypertension are associated with a decreased urine pH.

この研究では、尿pHがインスリン抵抗性と関係があることを明らかにしました。尿が酸性によっているほど、 インスリン抵抗性(HOMA-IR)が高まっているとのことです。

1084人の糖尿病ではない日本人のデータを使って研究を行ったとのことです。

インスリンとは?

インスリンとは、膵臓から出るホルモンのことで、血糖を一定の範囲におさめる働きを担っています。インスリンが十分に働かないと、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまいます。これが糖尿病です。また、肥満や高血糖、高血圧とも関係があります。

インスリンが働かない状態を、「インスリン抵抗性」といいます。酸性尿(低い尿pH)は、このインスリン抵抗性と関連するといわれています。

最終的に心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病になってしまうのは、このインスリン抵抗性が根本的な原因であり、血圧や糖や脂質が直接の原因ではないとする考えもあるようです。

Source: Association of Low Urine pH with Insulin Resistance in Non-Diabetic Japanese Subjects. Exp Clin Endocrinol Diabetes. 2018 Feb 8. doi: 10.1055/s-0043-122943.

関連記事

現代人は酸性体質!尿pHを中性にして頭痛・低血圧・疲労感・不眠を改善しよう

最近、疲労感や眠気、頭痛など「なんだか調子悪いなあ」といったことはありませんでしたか?調子が悪いと、仕事や趣味にも悪影響が出てしまってイヤですよね。もしかすると、あなたのその症状は身体が酸性化しているからなのかもしれません。

尿pHとはどんな測定項目なの?

サイマックスのサービスでは、いつも通りトイレでおしっこをするだけで毎日の尿pHをはかることができます。尿pHは生活習慣や病気と関係がある測定項目ですが、どういったものなのかをご紹介します。

現代人は酸性体質!尿pHを中性にして頭痛・低血圧・疲労感・不眠を改善しよう

こんにちは!皆さんは最近、疲労感や眠気、頭痛など「なんだか調子悪いなあ」といったことはありませんでしたか?

調子が悪いと、仕事や趣味にも悪影響が出てしまってイヤですよね。もしかすると、あなたのその症状は身体が酸性化しているからなのかもしれません。 “現代人は酸性体質!尿pHを中性にして頭痛・低血圧・疲労感・不眠を改善しよう” の続きを読む

尿酸値とは~若い人にも身近な痛風。尿酸値が高まるメカニズムと痛風の予防法

会社の健康診断や血液検査において尿酸値が高く、びっくりした人も少なくないことでしょう。

(公財)日本医療機能評価機構が発表するデータでは、30歳以降の男性で基準値よりも高い人の割合は30%に達するといわれており、どんどん増えていることが分かっています。

ここでは、尿酸とはどのようなものか、どんな病気のリスクがあるのか、どのように予防すればいいのかお伝えします。

○尿酸とは~プリン体が分解され尿酸に

私たちは身体を動かしていない間にも、臓器を動かしたり、新しい細胞を作り出したりしています。この新陳代謝によって「プリン体」と呼ばれる物質が分解されて、最終的に「尿酸」となり尿や便から排出されることになります。

尿酸は老廃物ですので、体内に蓄積されないようにうまく排出されていきます。しかしうまく排出されず体内に蓄積されてしまうと、基準値よりも高くなってしまい痛風を引き起こす原因となってしまいます。

○尿酸値の基準値と病気のリスク

血液検査の結果を見てみますと、基準値は次のように記されています。

  • 男性:3.6~7.0mg/dL
  • 女性:2.7~7.0mg/dL

この数値は、血液中の数値を表したもので、一般的に男性のほうが高くなる傾向であることが知られています。基準値よりも高くなり、痛風を発症している人をみると、95%が男性であることが分かります。

基準値よりも高くなると、血液中に溶けきれない状態になってしまい、結晶となってしまいます。基準値である7.0mg/dLを超える状態が続いている場合には、「高尿酸血症」と診断されます。痛風になるリスクが高く治療が必要になることもあります。

結晶は関節などに蓄積してしまい、「痛風」と呼ばれる病気になってしまいます。足の親指の付け根などが赤く腫れあがり、激しい痛みである「痛風発作」に悩まされます。痛風になって初めて、自分自身の数値に気が付く人も少なくありません。

○高尿酸血症や痛風になりやすい人

高尿酸血症や痛風と診断されてしまう要因は、生活習慣と遺伝の2つに分けることができます。それぞれの要因についてみていきたいと思います。

・生活習慣を要因とするもの

生活習慣においては、特に食生活に影響されます。

バランスよく食べずに、肉や海産物を食べ過ぎてしまう人であれば、痛風のリスクを高めることになります。これは肉や海産物に多くの「プリン体」が含まれているためで、プリン体を食品から摂れば摂るほど、体内で作られる尿酸が増えるために数値が高くなっていくのです。

また飲酒の習慣にも影響がみられます。これはお酒に含まれているアルコールにはプリン体が含まれているためで、アルコールが体内で分解される際に尿酸が作られてしまうことによって数値が高くなります。

・遺伝的な要因によるもの

遺伝によって尿酸値が高くなることもあります。

体内で作られた尿酸は尿によって体外に排出されますが、遺伝によって排出させる能力が低い場合には体内のバランスが崩れて、高尿酸血症となってしまいます。

関節に蓄積して痛風になるリスクも高くなりますが、腎臓内に蓄積させてしまい腎機能の低下や尿路結石などの病気を引き起こすリスクも高くなります。

十分な水分補給や急激な運動を避けることが大事であると考えられています。

○尿酸値が高くならない予防法

・食べすぎない飲みすぎない

生活習慣、遺伝どちらが要因であるとしても、数値を高めないために大事なことは「食べ過ぎない」「飲みすぎない」という、食習慣をしっかりと見直すことにあります。肥満の人には数値が高くなる傾向にありますから、体重なども気にするようにしておかねばなりません。

特にプリン体を多く含んでいるといわれる食品の食べすぎには注意しなければなりません。代表的なものにはレバーや白子、干物、えび、カツオ、いわしなどがあります。

またお酒に含まれているアルコールにも要注意です。最近では「プリン体0」のお酒も販売されていますが、アルコール自体に排出を阻害してしまう作用がありますので、飲みすぎてしまうのであれば結局数値を高める原因となってしまいます。

特にビールにはプリン体が多く含まれているために注意が必要であるといわれますが、アルコールそのものを摂りすぎないようにすることが大事です。

・激しい運動ではなく軽い運動を継続して

数値を高めないためには、肥満に注意しなければなりません。そのために運動習慣はとても大事になってきます。しかし運動のやり方を間違えてしまうと、かえって数値を高くしてしまう要因となってしまいます。

無酸素運動と呼ばれる激しい筋トレなどを行う場合であれば、体内でプリン体が活発に作られてしまいます。特に日常的に運動習慣のない人が、いきなり急激な運動を始めてしまうことで、痛風を悪化させてしまうことがあります。

運動習慣は肥満防止のためにとても大事ですが、ウォーキングなど軽い運動を継続して行うことが効果的です。有酸素運動と呼ばれるもので、継続して取り組むことで少しずつ改善させることができます。

○まとめ

特に中高年の男性では、尿酸値の高い人が増える傾向にあります。また、20代や30代で痛風を発症する人も少なくありません。健康的な生活を行うことがとても大事になってきます。

特に食生活を見直すことが大事で、食べすぎや飲みすぎに心当たりがある人であれば、見直すことが大事です。

また日常的に軽めの運動を取り入れるようにして、肥満防止に努めるようにしましょう。

参考

高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版 | 公益財団法人 日本医療機能評価機構

https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0052/G0000210/0010

トイレでおしっこの量がわかる!尿量でわかることのまとめ

トイレでおしっこをするだけで、らくらく体調チェック!

当社がこんなサービスをご提供できるのも、「おしっこ」がたくさんの情報をもっているからなんです!

今日はその中でも「おしっこの量」からわかることをお届けします。

普通のおしっこの量

1回あたりの尿量は200~500mlが標準的です(ただし個人差があります)。男性よりも女性の方が多い傾向もあるようです。女性のほうが膀胱が大きいんですね。

女性の生活の大敵、膀胱炎

オフィスで働く女性は、気づかない間にトイレを我慢しているせいで膀胱炎になることが多いという話を聞きます。

「最近はいつもよりおしっこの量が多いな・・・トイレを我慢しがちなのかも」

こんなこともサイマックスのサービスを使うとわかるので、ついつい我慢してしまっていることに気づくきっかけになります。


おしっこの量と生活習慣病

日々のおしっこの量の変化が、「糖尿病」や「腎不全」などの生活習慣病になるリスクと密接に関わっていることが医学研究でわかっています。

おしっこの量とストレス

また、ストレスがかかっていたり、緊張した状態が続いているなどの環境もおしっこの量に影響を与えるといわれています。

メンタルヘルスのケアにも、おしっこの持つ情報は重要なんですね!

1日のおしっこの量でわかること

1日のおしっこの量の合計からも、わかることがあります。

○2500ml以上/1日 (多尿)

  • 糖尿病や腎性尿崩症、心因性多尿(心因性多飲症)の可能性があります。
  • 多量に水を摂取する水中毒の場合、7割近くの人が精神疾患患者ともいわれています。

○400ml以下/1日(乏尿)

  • 一日の尿量が少ないと、脱水症状の可能性があります。夏場は摂取する水分量に気をつけたいですね。
  • 長く続く場合には腎不全や肝機能障害、貧血などの病気の疑いがあるようです。

おしっこの量を計る方法

医療現場などでは、次のような方法でおしっこの量をはかっています。

  • 尿道にカテーテルをさし、ウロバックという袋におしっこを吸い出す
  • 計量カップや測定器機の中におしっこを出す

どちらも手間がかかったり体への負担がある方法です。カテーテルをとった後は、数日間痛むそうです。。。辛そうですね。

サイマックスのセンサーならば、いつも通りトイレでおしっこをするだけなのでとっても手軽。お医者さんにも注目されている技術なんですよ!

 

参考資料:
「新臨床内科」医学書院
「内科診療リファレンス」医学書院
「エッセンシャル臨床栄養学第8版」医歯薬出版
「臨床検査データブック 2017-2018 」医学書院
「今日の臨床検査2017-2018」南江堂
「ハリソン内科学1,2」メディカルサイエンスインターナショナル
「標準泌尿器科学」医学書院、
「糖尿病学」西村書店
「多飲症・水中毒―ケアと治療の新機軸」医学書院

 

尿pHとはどんな測定項目なの?

こんにちは!サイマックスのサービスでは、いつも通りトイレでおしっこをするだけで毎日の尿pHをはかることができます。尿pHは生活習慣や病気と関係がある測定項目ですが、どういったものなのかをご紹介します。

尿pHとは?

おしっこが酸性かアルカリ性かを知ることができます。pHの数字が小さいと酸性、高いとアルカリ性です。

体が酸性になっているか、アルカリ性になっているかのバランスをおおまかに知ることができます。

身体のpHは中性であることが理想です。身体が酸性になっていると疲労感や眠気、だるけにとどまらず、糖尿病などのリスクも高い状態になっているようです。アルカリ性にかたよっていても病気の可能性などがあるようです。

尿pHでわかること

尿pH値は、病気や食べ物、生活習慣によって変化します。 尿pH値の変化を見ることによって、体調の変化を知ることができます。

結果の見方

健常な場合は通常、尿は弱酸性(pH7.0-6.5)です。

  • 低pH ⇒ 酸性
  • 高pH ⇒ アルカリ性

酸性やアルカリ性に偏っていると、何かしら身体に異常が起こっている可能性があります。

○酸性にかたよる場合

以下のような可能性があります。

  • 生活習慣との関係
      • 肉や卵の摂りすぎ
      • アルコールの摂りすぎ
      • 砂糖(清涼飲料・ワイン)の摂りすぎ
      • コーヒーの飲み過ぎ
      • 喫煙による体内の二酸化炭素の過剰蓄積
      • 体内での酸の蓄積
      • ストレス
  • 病気との関係(長く続く場合)
      • 糖尿病
      • 高尿酸血症(痛風など)
      • 腎・尿管結石ができやすい
      • 腎臓の機能不全
      • 乳酸の過剰蓄積
      • アルコール中毒

○ アルカリ性にかたよる場合

  • 生活習慣との関係

      • 野菜や海藻など植物性食品の摂取
      • 過呼吸(緊張や不安、疲労)
      • 過剰な塩分摂取
  • 病気との関係(長く続く場合)

      • 腎臓から尿道までの尿路感染症
      • 慢性的な過呼吸
      • 腎・尿管結石ができやすい

まとめ

いかがでしたか?継続して測定し続けることで、日頃の体調管理だけでなく病気のリスクについても知ることができるみたいですね。

毎日の尿pHをはかって、元気な毎日をすごしましょう!

関連記事

現代人は酸性体質!尿pHを中性にして頭痛・低血圧・疲労感・不眠を改善しよう

最近、疲労感や眠気、頭痛など「なんだか調子悪いなあ」といったことはありませんでしたか?調子が悪いと、仕事や趣味にも悪影響が出てしまってイヤですよね。もしかすると、あなたのその症状は身体が酸性化しているからなのかもしれません。

尿pHに関する研究成果の紹介:メタボ、糖尿病、インスリン抵抗性

おしっこって何?健康との関係は?

おしっこってなに?なぜ人はおしっこをするの?

おしっこは、ろ過した血液です。腎臓でろ過されたものがおしっことなります。

人間は、血液の中にある「いらないもの」をおしっことして、体の外に捨てています。

利用できる成分(水分、塩分、ブドウ糖、アミノ酸など)は再利用のためからだに戻ります。ほんとにいらないものだけ(老廃物)が「おしっこ」として尿管を通って膀胱に溜まっていきます。

おしっこと健康の関係は?

おしっこはたくさんの情報を持っています。生活習慣病をはじめとした病気リスクをはじめ、肉や野菜のバランス、アルコール摂取量、ストレスなどの生活習慣の偏りなど、様々な身体の状態を反映しています。

本来、おしっこにはないはずの成分があったり、量が多すぎたり少なすぎたりすると、身体の異常と関係があります。

有名なものでいうと尿糖があります。健康な人の尿には糖は含まれません。糖尿病が進行している人だと腎臓が正しくはたらかないため、尿の中に糖分が含まれてしまいます。

おしっこと関係がある生活習慣病ってある?

おしっこは、生活習慣病をはじめとした様々な病気と関係があります。たとえば、以下のようなものです。

糖尿病、痛風、腎機能障害、肝機能障害、腎尿路系の悪性腫瘍、腎盂腎炎や膀胱炎などの尿路感染症、尿管結石など。

40歳を超えると発症率が急激にあがるものばかりです。

おしっこと血液の関係は?そもそも血液ってなんだっけ?

血液は栄養分や、私たちが空気を吸ったときに入ってくる酸素を、からだ中の細胞に運ぶ役割をしています。そして、からだ中の細胞から捨てられてきた「いらないもの」を集め、腎臓に運びます。おしっこは言い換えるならば「腎臓でろ過した血液」ともいえます。おしっこと血液は、関係性が強いものなのです。

生活習慣病ってなに?どうして怖いの?

生活習慣病ってなに?

生活習慣病とはその名の通り、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」のことです。

現代日本人の70%が生活習慣病でなくなるといわれており(参照:厚労省調査)、非常に身近な存在です。

たとえば、以下のような疾患が当てはまります。きっとよく名前聞く病気がたくさんあると思います。30歳を超えたあたりから、身近に痛風の人が出てくると思います。

糖尿病、肥満、高脂血症、痛風などの高尿酸血症、がん、高血圧、アルコール性肝障害、歯周病、骨粗髪症など。

どうして生活習慣病はこわいの?

サイレントキラー」という言葉があります。これは、生活習慣病ははじめのうちは自覚症状が全くないのに、ある時突然身体の体調が悪くなり、元の状態に戻すことが難しい場合があるためです。

多くの人は自覚症状がなければ病院に行きません。仕事や家事・育児、プライベートに忙しく充実した生活を送っている人ほど、体調不良に気づかず、気づいたときには進行していることがあるのです。本人からすれば、それまで元気だと思っていたのに突然それまでと同じような生活ができなくなってしまうので、おそろしいですね。

ライフスタイルが急変すると、自分だけでなく、家族や仕事の仲間にも影響がでます。非常に心苦しい経験をした人は少なくありません。

生活習慣病になるリスクとは?

生活習慣病は、40歳を超えたあたりから急激にリスクが高まります。40歳になる前と同じような生活をしていただけなのに、突然、体調が悪くなったり、指先がむずむずして痛風になったりします。

これは40歳を超えたから体調が悪くなったのではなく、若いから身体が頑張ることでなんとなっていただけなのです。若いころから身体に高い負荷をかけていると、リスクがあがってしまいます。

生活習慣病になるリスクをさげるには?

生活習慣病というその名前の通り、生活習慣がかたよっているとリスクがあがります。たとえば、食習慣、運動不足、ストレス、喫煙、お酒の飲み過ぎ、などです。ただ、野菜や肉のバランスや、ストレス、アルコールの摂取量など、なかなか気をつけることは難しいですよね。ついつい美味しいものに目がくらんだり、飲み会で飲み過ぎてしまったり。日頃から気をつける工夫をしたいですね。