おしっこって何?健康との関係は?

おしっこってなに?なぜ人はおしっこをするの?

おしっこは、ろ過した血液です。腎臓でろ過されたものがおしっことなります。

人間は、血液の中にある「いらないもの」をおしっことして、体の外に捨てています。

利用できる成分(水分、塩分、ブドウ糖、アミノ酸など)は再利用のためからだに戻ります。ほんとにいらないものだけ(老廃物)が「おしっこ」として尿管を通って膀胱に溜まっていきます。

おしっこと健康の関係は?

おしっこはたくさんの情報を持っています。生活習慣病をはじめとした病気リスクをはじめ、肉や野菜のバランス、アルコール摂取量、ストレスなどの生活習慣の偏りなど、様々な身体の状態を反映しています。

本来、おしっこにはないはずの成分があったり、量が多すぎたり少なすぎたりすると、身体の異常と関係があります。

有名なものでいうと尿糖があります。健康な人の尿には糖は含まれません。糖尿病が進行している人だと腎臓が正しくはたらかないため、尿の中に糖分が含まれてしまいます。

おしっこと関係がある生活習慣病ってある?

おしっこは、生活習慣病をはじめとした様々な病気と関係があります。たとえば、以下のようなものです。

糖尿病、痛風、腎機能障害、肝機能障害、腎尿路系の悪性腫瘍、腎盂腎炎や膀胱炎などの尿路感染症、尿管結石など。

40歳を超えると発症率が急激にあがるものばかりです。

おしっこと血液の関係は?そもそも血液ってなんだっけ?

血液は栄養分や、私たちが空気を吸ったときに入ってくる酸素を、からだ中の細胞に運ぶ役割をしています。そして、からだ中の細胞から捨てられてきた「いらないもの」を集め、腎臓に運びます。おしっこは言い換えるならば「腎臓でろ過した血液」ともいえます。おしっこと血液は、関係性が強いものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です